緑内障,視野欠損,治療,改善



特別な道具やテクニックは一切必要ない、ここにしかない方法!詳細は>>>公式ホームページ




失明原因説明文

日本では40才以上約20人に1人「緑内障」とされています。

         自覚症状が出てからでは、ある程度進行している場合が多く、

         気付いた時には手遅れということも!。


症状に心当たりは?



症状テキスト画像




緑内障は早期発見・早期治療で進行を食い止め、改善することが出来ます!>


    当サイトでは、「目の成人病」と言われる、一度障害されると回復させることが困難とされている「緑内障」を、
    一般的な治療法である、点眼薬や手術に頼ることなく、お金もかけずに自宅で自分で改善出来る方法として研究、
    開発され、マニュアル化した、視力回復のエキスパート、今野 清志氏考案の「緑内障改善エクササイズ」
    ご紹介しています。 目に不安を抱えている方、すでに緑内障と診断された方へ、ご参考になりましたら幸いです。



目の美容室を全国に展開中の 『日本リバース』 今野 清志 院長

今野清志画像 日本初の視力回復整体院、目の美容室「日本リバース」を東京日本橋に
開業、中国の伝統医学「中医学」をもちいたツボを刺激する、身体への
危険性ゼロの安全な療法を基に、20年以上に亘り多くの患者様を改善
へと導き、なかでも独自の理論をくわえ体系化した

「手術をしない視力回復法、
    たたくだけで3万人全員回復!視力向上タッピング」


は、テレビや雑誌などのメディアに多く取り上げられ反響を呼び、区役所や市役所、各企業からの講演も依頼されるほど視力回復のエキスパートとして厚い信頼を寄せられており、これまでに30,000人以上の目で
お悩みの方達を救ってきた実績があります。

メディア掲載例画像


緑内障は放置して治る病気ではありません。

視野比較画像

緑内障とは、眼球内の圧力「眼圧」が高くなることによって、
視神経(映像を脳に送る神経)が圧迫され損傷を受け、それに伴い
視力が低下し、次第に視野が狭くなっていく眼病で、一度障害されると回復が困難とされ、放置していると最悪失明にまで至るとても怖い病気です。

日本緑内障学会の疫学調査によると、
日本人の「40才以上では20人に1人」が緑内障にかかっていると
報告されており、この増加原因に従来とは違う症例、眼圧が正常値
あるにもかかわらず視神経が弱いために障害される、
「正常眼圧緑内障」と診断されるケースが増えてきていることが挙げられます。

特に緑内障は殆どの場合自覚症状が無く、普段の生活では両眼で物を見ているため、片方の眼の欠損が進行していても気が付かないことが
多く、それが処置を遅らせることに繋がり、多くの視野を失ってしまうことなります。
緑内障は放置すると視力低下や視野の欠損が進むばかりですので、疑いがあれば一日
でも早い治療が大変重要になってきます。



緑内障の原因はズバリ!?

一般的に行われる緑内障の治療方法は、眼圧を下げることを基本とした、「点眼薬」「内服薬」
「点滴療法」「レーザー手術」「外科手術」
などがあります。

薬物療法で眼圧をコントロールできないほどの症状であれば、レーザー手術や外科手術を施すという流れで改善を試みますが、あくまでも点眼薬は一時的な対症療法であり、手術においても数年で眼圧が手術前に戻ってしまう事例があるなど「失明を先延ばしにしているだけ」と今野院長はいいます。

そもそも視力低下や視野が損なわれていく原因、眼圧が高くなる根本原因を解明し、正しい知識をもって治療を行わなければ、一生、失明の恐怖に怯えながら病院へ通い、治療費を払い続ける不安な生活を送らなければなりません。

緑内障にかかる方の主な特徴として、「血縁者に緑内障の人がいる方」「強度の近視」「冷え性」「低体温」「低血圧」「頭痛持ち」などがありますが、中でも「強度の近視」の方は緑内障になるリスクが高いといわれ、目の筋肉をスムーズに動かしたり、血管を収縮させたりすることが上手くできないため、「血流障害」による緑内障を合併する可能性が大きいとされています。


目の画像実はこの「血流障害」こそが今野院長が提唱する、最も改善に力を入れなければならない緑内障の根本原因であるとしています。
強度の近視の方に限らず近年増加している「正常眼圧緑内障」
においても原因は血流障害であり、血流障害をなくすことにより緑内障の進行を食い止め改善することができると、これまでの経験と実績から自信を持って述べています。



失明の恐怖から救ってきた“やれば効果が得られる”確かな方法!。

教材画像
中国数千年の歴史をもつ「中医学」を基に独自の理論をくわえ、
血流、自律神経を整えみるみる視力を回復させることを実現させた今野院長オリジナルの療法である、
「たたくだけで3万人全員回復!視力向上タッピング」

自宅で自分でできる視力回復法として、たった一回の施術で視界の
広がり、目の爽快感を実感できると大変好評の視力回復法ですが、
その基になっているのが、「日本リバース」で行っている中医学の「14経絡療法」というツボを刺激する療法に、酸素療法、美眼療法を取り入れた施術法で、効果的な視力回復には眼のまわりだけではなく、自律神経を正常にし、血流、内臓も含めて身体全体を元気にすることが大切であるという考えのもとに行っている療法です。


全国から大勢の方が来院するほど信頼と実績のある療法ですが、緑内障も原因は血流障害であり、同じく眼のまわりだけではなく、自律神経の乱れを調整し、筋肉を活性化させ身体のバランスを整えることで眼圧を下げ、緑内障を改善することができることから、更に研究をくわえ緑内障に特化した効果的な改善法として10年以上の歳月をかけ完成したのが、

>>>「緑内障改善エクササイズ」です。

遠方在住で来院できないという患者様でも、自宅で自分で同じ改善効果を得られる緑内障改善法として、専門的な知識や難しいテクニックは一切必要としない、6歳のお子さんから88歳のご高齢の方にも無理なく実践できる、わかりやすい実演と解説付きのDVDになっています。




緑内障改善エクササイズ考案者<今野清志氏>による解説動画。


                                ※音量にご注意ください。



治療費を掛け、一生付き合っていかなくてはならないのなら・・・

緑内障の改善方法を深く追求し、研究するきっかけにもなった、
「なぜ眼科医は視力を回復させられないのだろう?」という疑問。

眼科医に「患者様のために治療に取り入れて欲しい」と提案した結果、
「手間がかかり、儲からない」という返答にそのような理由が…。

緑内障は「西洋医学」では改善しない病気とされています。
それは眼圧をコントロールする方法を、内服薬や点眼薬、手術などの一時的な「対症療法」による治療しか施さないことにあり、日本でも同じようにこの流れを汲んだ治療を続ける以上、お金を掛け、再手術や薬物治療を一生行わなければならないことになります。



    緑内障改善エクササイズなら
  • 手術を行わないので、後遺症や再手術の心配がない。
  • 内服薬や点眼薬に頼らずに眼圧をコントロールできるようになる。
  • 血流障害を改善するので、緑内障だけではなく他の目の疾患も予防改善できる。
  • 難しいテクニックは必要無いので、6歳から88歳の方まで簡単に実践できる内容。
  • 金銭的な負担が一切無いため、治療費が掛からない。

その他、自信の「全額返金保障」「30日間の回数無制限の無料メールサポート」
「DVD補助テキスト無料ダウンロード配布」と、どなたでも負担なく安心して取り組める内容になっています。



  改善率90%以上!

3万人を超える目でお悩みの患者様を救ってきた

 完全オリジナルのここにしかない緑内障改善法。



緑内障エクササイズバナー

詳細矢印

詳細ボタンバナー





   

 お気に入りに登録しますと
 次回閲覧の時に便利です。

日本リバース所在地

 日本橋にあるクチコミNo.1
 整体院、目の美容室
  「日本リバース」

日本リバース建物画像

日本リバース所在地地図画像

★日本橋の整体院 日本リバース

住所:東京都中央区日本橋茅場
   町3-4-1 3F
アクセス:茅場町駅より徒歩3分
TEL:03-5623-0002
受付時間:12:00~20:00
定休日:日曜日、祝日

★★★★★★★★★★★★★★
日本リバース今野院長から施術を行ってもらった患者様の体験
談はこちら⇒<体験談>
★★★★★★★★★★★★★★

緑内障情報カテゴリー

簡易視野検査

サイト情報