緑内障,目の成人病,疾患

緑内障とは

目の病気、特に年齢を重ねた中年期以降に発症しやすい目の疾患として代表的なもの に「白内障」「緑内障」がありますが、白内障は水晶体を構成する
たんぱく質が変性し、黄白色や白色に濁り、視界に霧がかかったように見え、視力が低下する眼病ですが、眼病といっても白内障は、加齢性白内障、老人性白内障と言われるように、誰もがお歳を召すごとに発症する可能性があり、
たとえ日常生活で不便を感じるほど症状が進行していたとしても、治療や手術によって視力回復が見込める良性の病気です。

一方、緑内障とは、眼球の張り具合や硬さを示す、眼球内部の圧力「眼圧」が高くなることで、視神経や血管を圧迫し、障害されて萎縮(いしゅく)し、
血流障害を起こすなどして視野が損われ、視力が低下する眼病です。

白内障は基本、外科的手術などで水晶体の濁りを取り除けば視力を回復することができますが、緑内障は、眼圧を一定の圧力で保つ役割を果たす「房水」(目の中を循環する液体)が何らかの異常をきたして眼圧が上昇し、眼底にある視神経を圧迫して障害 される「機能的、構造的異常」であるため、一度障害された視神経を回復させることはとても困難と言われ、最悪失明にまで至るところに白内障との大きな違いがあります。

緑内障は自覚症状がないため、気づいた時にはかなり病状が進行しているという場合が多く、代表的な症状に、視野がだんだん狭まってくる「視野欠損」があります。
欠損が進むと失明に至るわけですが、日本では失明する病気といえば他に、
糖尿病の合併症である「糖尿病網膜症」という重度の視力障害を伴う病気があり、以前は常に 失明原因のトップに位置していましたが、現在では「緑内障」がその糖尿病網膜症を上回る割合で、日本における失明原因の第1位となっています。

放置すると失明にまで至る大変怖い病気の緑内障ですが、通常、正常な眼圧は15mmHg前後で、緑内障の人は21mmHgを超え、眼球内部の高い圧力で構造的に弱い視神経が圧迫されるのが一番多い原因と考えられていましたが、最近では、眼圧が正常値「10~20mmHg」でもあっても視神経が弱いために障害され、緑内障を発症する人がいることがわかり「正常眼圧緑内障」として、
年齢にかかわらず発症し、緑内障と診断される方が増えてきています。

自覚症状がないという特徴と、正常眼圧緑内障という症例からも、潜在的に
緑内障を発症されている方が多くいるとみられる中、これまでの中年期以降で発症しやすい眼病から、近年にみられる若年層による緑内障発症の増加が懸念されています。




改善率90%以上!
緑内障を自宅で自分で改善、
詳細はこちらの公式ページで⇒緑内障改善エクササイズ