緑内障,原因,眼圧,血流

緑内障の原因

緑内障の特徴である視野が損なわれる視野欠損、視野搾取は、眼圧の上昇に
よる視神経への圧迫が直接の原因ではありますが、正常眼圧緑内障のように、眼圧が正常な方でも発症することから、眼圧の高さだけが原因ではなくなっています。

個人の体質にもよりますが、一般的には考えられる説に、
「眼圧説」「血流説」があります。

眼圧説は、眼圧が上昇し視神経を圧迫する「構造的、機能的異常」によって、視神経の形に異常をきたして視野障害が起こる、緑内障の原因としてはまず
間違いないとされる説です。

血流説は、目のまわりの筋肉や目の中の動脈、静脈といった神経の伸縮が鈍ることによって、目の神経への血流が悪くなり影響を与え、視神経を痛めてしまうというものです。

いずれにしても、そもそも何が原因で眼圧が上昇するのかという身体的なメカニズムも、眼圧が正常値内であるにもかかわらず、なぜ視神経が障害されるのかということも、現代の医学でははっきりとした原因を特定しきれていないというのが現状ですので、 緑内障の治療には眼圧を下げ、進行を食い止めることだけを目的とした、点眼薬や手術による治療を施すのが一般的な治療法となります。

緑内障を発症する危険因子として明らかにされているもの。
 「加齢」「眼圧」「緑内障の家族歴」

発症者の傾向。
 「強度の近視」「薄い角膜厚(角膜の厚さ)」「低血圧」「冷え性」
 「乳頭出血(視神経乳頭部)」「頭痛持ち」


緑内障を合併しやすい病気、疾患。
 「糖尿病」 「高血圧」 「偏頭痛」「小眼球症(眼球の先天的疾患)」
 「甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモンの過剰分泌)」
 「落屑症候群(水晶体表面の沈着物)」
などが挙げられています。




改善率90%以上!
緑内障を自宅で自分で改善、
詳細はこちらの公式ページで⇒緑内障改善エクササイズ