緑内障,治療法,薬物療法,レーザー治療,手術

緑内障の一般的な治療法

緑内障治療の最大の目的は眼圧を下げることですので、眼圧を下げ、維持することでそれ以上の進行を防止することができる病気です。
早期に発見することができ、視神経への障害が軽いうちに治療をおこなえば、失明に至る危険性もかなり少なくなります。

一般的な治療方法としては、「薬物療法」「レーザー治療」「手術」がありますが、緑内障にも様々な症状の種類や病状の進み具合など個人差がありますから、すべての治療法に効果があるのではなく、現在の病状に最も適した治療法を選択し、おこなって いく必要があります。

また、薬物療法やレーザー治療、外科的手術は、あくまでも現在の病状に対する処置(対処療法)ですので、一度施せば完治するというものではなく、再発する可能性がありますので、功を奏さない場合は段階的に治療を重ねていくことになります。

しかも薬物療法や手術には、体質によって副作用や合併症の危険性も少なからず含みますので、場合によっては受けられない治療法もあり、医師とよく相談のうえ適切な治療方針を決めて治療をおこなうことが大事になってきます。


薬物療法

緑内障の治療の基本は、まず薬物療法で眼圧の上昇を抑えることを試みます。
点眼薬ですが、現在10種類以上あり、緑内障のタイプ、眼圧の高さ、病状の進行具合いに応じて処方されます。
特定の点眼薬で効果が見られない場合は、複数組み合わせて処方されることもあります。
点眼薬は、期間を空けたり止めるとまた眼圧が上昇しますので、安定した眼圧を維持するために長期的にさし続けていかなければなりません。
内服液などの飲み薬は、個人の体質によっては全身の副作用が出る場合があるため、内服できないこともあります。


レーザー治療

レーザー治療には主に
「レーザー虹彩切開術」「 レーザー線維柱帯形成術」があります。

レーザー虹彩切開術は、虹彩(水晶体と角膜の間にある薄い膜)に小さな穴をあけ、眼内の房水(目の中を循環する液体)を排出させ流れを変える治療方法です。

レーザー線維柱帯形成術は、線維柱帯(房水をろ過する流出路の一つ)の所々
に穴をあけて、同じように房水の流れを促進させるための治療方法です。


手術

薬物療法やレーザー治療でも眼圧が安定せず、上昇するようであれば、最終的な手段として手術をおこなうことになります。

主に
「線維柱帯切開術 トラベクロトミー」
「線維柱帯切除術トラベクレクトミー」
などががあります。

レーザー治療のように房水の流れをよくするためのものという目的は同じで、
線維柱帯切開術は、シュレム管(房水の排出路)を切開して流れを促進させる手術です。
線維柱帯切除術は、線維柱帯(房水をろ過する流出路の一つ)を一部分切除して防水が流れる出口を新たに作る手術です。



「手術費用について」

「線維柱帯切開術 トラベクロトミー」
「線維柱帯切除術トラベクレクトミー」


・保険適応、3割負担で60,000円 前後。
・入院費、手術費あわせて約20万円。
・入院期間は2週間程度。
(日帰り手術は術後管理のためできません。)


「レーザー虹彩切開術」「 レーザー線維柱帯形成術」

・保険適応、3割負担で25,000円前後。
・日帰り手術が可能。

*手術後は感染症に注意が必要。
 手を常に清潔に保ち、1~2週間くらいの間、洗顔や洗髪に制限が
 あります。




改善率90%以上!
緑内障を自宅で自分で改善、
詳細はこちらの公式ページで⇒緑内障改善エクササイズ