緑内障の症状<視野欠損>治療には手術よりまず改善エクササイズ!

正常眼圧緑内障にみる「眼底検査」の重要性。

緑内障は主に眼圧が高くなることで視神経を圧迫し、次第に視野が欠けていく眼病ですが、眼科で行なう「眼圧検査」で明確な数値がでているなど、あきらかに障害の原因が眼圧の上昇によるものであれば眼圧を下げる治療を行なっていくわけですが、緑内障には眼圧が正常値であっても同じような症状が現れる「正常眼圧緑内障」があり、それに考慮した治療法が必要になります。

正常眼圧緑内障は当然「眼圧検査」では判断できませんので「眼底検査」及び視野検査、細隙灯顕微鏡検査、隅角検査といった総合的な検査を行い、視神経や血管に異常が見られた場合、正常眼圧緑内障と診断されることになります。

長い時間をかけゆっくりと進行していき視野障害を与えていく緑内障ですが、発見を遅らせる要因にはこの正常眼圧緑内障があり、緑内障患者の実に7割が正常眼圧緑内障と言われいます。

視神経に障害を与える原因が眼圧の上昇だけではないことから、何か異変に気づいたら「眼底検査」を受けることがとても重要になってきます。

眼底検査は、瞳孔の奥にある眼底を眼底カメラや検眼鏡、細隙灯顕微鏡といった特殊な機器を用いて視神経や血管、網膜などの状態を調べる検査で、眼底は唯一人間の体の中で直接的に血管を観察できる部位のため、他の病気、高血圧、脳腫瘍、動脈硬化、脳に関する病気の診断などにも用いられています。

眼底検査で緑内障が疑われるのは「視神経乳頭」という箇所がへこんでいる、形が陥凹(かんおう)している場合や、「網膜神経線維層」という層が薄く
なっている場合で、これは強度の近視の方にも見られる症状なので注意が必要です。

正常眼圧緑内障は眼圧が「10~21/Hg」と正常の範囲内であっても視神経に傷害が起きてしまいます。原因はまだよく突き止められていないというのが
現状で、治療はやはり点眼薬による薬物療法が基本になります。

緑内障は自覚症状がありませんので特に正常眼圧緑内障にかかっていた場合
発見が遅れ、気づいた時にはかなり進行しているというケースが一般的で、
それから事の重大さに気づき治療を行なうという方がほとんどだと思います。

放置すれば最悪失明にまで至ることもあるとても怖い眼病ですから、以前のように「中高年特有の目の成人病」と言われていた時代とは違って現在では正常眼圧緑内障の例のように眼圧が正常範囲内であっても緑内障を発症することから低年齢化が進んでいますから、年齢を問わず定期的に眼検診を受け、緑内障の早期発見、予防に努めましょう。





改善率90%以上!
緑内障を自宅で自分で改善、
詳細はこちらの公式ページで⇒緑内障改善エクササイズ